5月1日書写山

山頂は人影見えず境内は静まり返っていて、ウグイスの鳴き声がひびきわたっていた。こんな山頂は初めてで、この雰囲気は心地よかった。魔尼殿からは読経の声が流れていた。コロナ禍が終わることを祈ってくれているのだろうか。新緑が舞台を覆っていて、気持ちが余計静まるようであった。刀出からの参道脇には、誰が積んだかケルンがあちこちに増えていた。この災難が早く終わることを願って積んだのだろうか。DSCN8065.JPG人影のない大講堂広場。DSCN8064.JPG魔尼殿を包む新緑。DSCN8066.JPG金剛堂広場の新緑。DSCN8067.JPG参道わきに積まれたケルンの群れ。

"5月1日書写山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。