9月24日秋の空の天下台山

山頂に立つと秋の空が広がっていた。おばちゃんのグループが昼飯を食べながら盛り上がっていた。遊歩道には萩の花やフジバカマやツリガネニンジンが咲いていた。大谷が14勝上げた試合を見てから登ったので、昼遅くなったが、気持ち良かった。山頂の空萩の花があちこち咲いていた。ツリガネニンジンも咲いていた。
コメント:0

続きを読むread more

8月23日久しぶりの書写山

刀出から奥の院までの登山道は沢沿いの森の中で、夏の暑い時期には気持ち良い歩きができる。今年初めてになったが、昨年の11月の紅葉の時期いらいであった。登り始めてすぐに老夫婦が下りてくるのに出会う。その後奥の院に着くまでに3人の中高年の人に会った。日頃よく登っている人たちのようであった。毎年3度ぐらいは登る山だが、次は紅葉の頃になるだろう。…
コメント:0

続きを読むread more

8月21日御津新舞子の花火

久しぶりの、3年ぶりの花火は、このまま忘れ去られるのではと思っていた、新舞子には少し希望が蘇ってきたようで、夜空に、海に反射しながら、上がっていた。コロナで、ホテルが閉鎖され、綾部山梅林、潮干狩り、海水浴も激減し、地元新舞子もこのまま、わが人生と同じように、終わってしまうのだろうかと、寂しく思っていた。花火は悪疫退散も兼ねているそうで、…
コメント:0

続きを読むread more

8月19日天下台山は、5輪だけのサギソウ

天下台山のサギソウは2坪ほどの湿地に5輪だけ咲いていた。垣をしている湿地には、踏み荒らしたような跡があり、脇の方に隠れるように咲いていて、絶滅するのではと危惧する。最近は遊歩道は掃除がされているのだが、道脇に咲いている桔梗などの山の花が、刈り取られてしまって、見られなくなった。以前はロープで保護などしていたが、取り払われてしまている。楽…
コメント:0

続きを読むread more

8月13日サギソウと黍田富士

どんぐり広場から沢沿いに、時々木陰で立ち止まって、汗を拭いて、息継ぎしながら、黍田富士山頂の展望台に着く。北側の展望したの新幹線の線路には、次から次と帰省客を載せて、通過していく。暑いのに、コロナも気にしながら、故郷にかえるのだろうか。山の中にはコロナウイルスも、来ないので、気楽に歩ける。幸せの鐘を鳴らして、亀岩目指して、下って、また登…
コメント:0

続きを読むread more

6月7日ササ百合を探して天下台山へ

年々少なくなっているササ百合を探しながら、岩屋谷公園から歩き始めた。身体が慣れるまで、ノロノロと息が上がらないように登っていく。階段の処まで30分程かかり、一休みしてから、東屋まで取り合えず辿り着く。谷の向こう側に、やっと2輪のササ百合を見つける。尾根に出て、毎年数輪咲いていたササ百合は見当たらなかった。やっと頂上少ししたで、蕾を見つけ…
コメント:0

続きを読むread more

6月3日花の寺から高御位山のササ百合

花の寺の円照寺に寄ってから、高御位山にササ百合を見に行った。昨年より少し早めにいったので、ちょうどいい時期であったようだ。毎年見にきているが、いつものように、参道から、獣道に入り、ササ百合の群生地を目指す。しかしここにはまだ咲いているのが、少なかった。山頂下の尾根に出るまでに、10数本見つけた。山頂は駐車場は満杯であったが、数人だけであ…
コメント:0

続きを読むread more

5月28日池巡りで、城山城へ

菖蒲谷公園に上がり、大成池側に駐車してから新池、亀池、亀山、最後に城山城の展望台まで歩いた。途中夫婦と男性一人、展望台に一人と会った。1時間40分で着いた。帰りは築石のあるルートから、亀池に出て、同じ道を帰る。城山城の展望台からの展望。展望地から的場山を見る。城山城の展望地への案内看板ができていた。山口県にある古代城と同じ築石がる。2つ…
コメント:0

続きを読むread more

5月25日青いケシとクリンソウ

昨日、ヒマヤラの高山に咲く青いケシの花が六甲高山植物園に咲いているとので、ヒマヤラには見に行けないが、六甲山ならと見に行ってきた。大勢の人が来園していて、賑わっていて、驚いた。多くはおばちゃんであった。エーデルワイスやクロユリ、コマクサ、クリンソウ、ニッコウキスゲ、など、アルプスでよく見た花も咲いていた。植えられた花なので、どこか迫力が…
コメント:0

続きを読むread more

5月22日楯岩城から城山

道が整備されたと新聞に出ていたので、1月以来の確認もかねて、登ってきた。急坂には、階段が何か所も作られていて、本丸までには、新しい道標や、危ないところには、ロープも付けられていた。また本丸下に、ベンチがあり、北側が伐採されて、展望も良くなっていた。30分程で本丸に着いた。展望もよくなっていた。ここから城山の一等三角点に向かい、東の中継所…
コメント:0

続きを読むread more

4月30日つつじの的場山

たつの公園から童謡の小径を登り,4等三角点のある日山の展望台から、南に天下台山や御津山脈を眺める。動物園から聚遠停のツツジを見に行く。着物姿の女性が、記念撮影をしていたが、見合い写真でも撮っていたのか?宿禰神社下の展望台に日の丸がはためいていた。昨日は祝日で、昭和の日だと後で知った。ジジイには仕事がないので、毎日が祝日みたいなもので、ゴ…
コメント:0

続きを読むread more

4月23日霊石山に源範頼の墓があった。

なんでこんなところにこの人の墓があるのか知らなかった。平家追討の大将で大河ドラマに出てくる人だと分かった。頼朝に最後殺されるが、殺したのが、梶原景時だという。この山に登るまで、まるで知らなかった。家に帰ってにわか勉強で、伝説が色々あるようである。範頼が葬られたという、最勝寺に駐車して、寺の裏のシャガが咲く道を上がると、車道に出る。ひたす…
コメント:0

続きを読むread more

4月17日ツツジの天下台山

新緑とミツバツツジが咲くいい時期になった。風も心地よい。西の駐車場はほぼ満杯で、日曜日は人が多い山だ。頂上で昼めし食べて、下りかけたが、次から次に登ってくる。遊歩道の両側にツツジの花が続いていた。ドウダンツツジも白い花をつけていた。気持ち良い登山になった。毎日テレビで、ウクライナの惨状を見ると、虐殺者の独裁者はこの世から何故排除しないの…
コメント:0

続きを読むread more

4月12日伏虎山(武田城址)

今年の干支のつく山を捜したら、竹田城がある山が伏虎山だということで、桜の咲いているうちに登ることにした。城には以前に数回登っていたが、久しぶりに登ると、有名になったのか、かなり整備されていた。駐車場も北の下の方に新しく作られていて、以前の上の駐車場まで、はバスが運行していた。下の駐車場から入場門まで、歩いて、40分程かかった。桜は満開を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月10日三濃山と佐用町の桜

最初は利神城に登るつもりで、平福駅南の登山口に行くと、線路の下の戸口で入山拒否された。20人の予約がクラブツーリズムにあり、一般人は登れないという。毎年登っているが、今年は日を改めたほうがよさそうだ。光都に寄って三濃山に登ることにした。昼飯を食べていると、3人のおばちゃんが登ってきた。羅漢の里から来たそうで、枝垂れ桜が良かったと聞いたの…
コメント:0

続きを読むread more

4月8日舞鶴の桜

家を出て2時間50分で、舞鶴の吉田瑠璃寺に着いた。300年の枝垂れ桜が咲いていた。大糸桜のようだった。2組の夫婦だけが見に来ていて静かであった。海沿いに引き返し、とれとれセンターによると、カニやエビがならんでいたが、眺めるだけで、500円のみりん干しと道の駅で海軍カレーだけ買って、次の桜の共楽公園に行った。爺さんの好意で、家の前に駐車さ…
コメント:0

続きを読むread more

4月6日龍野城と的場山

たつの公園は桜は満開であった。ただ聚遠停の枝垂れ桜は枝を切られて小さくなっていた。宿禰神社から的場山に向かう。山頂は22度で暑かった。ここにウクライナの国旗が数本はためいていた。誰もがウクライナの戦争の惨状を見るにつけ、ロシアのプーチンが早く戦争をやめることを願っている。焼夷弾を落とされて、町を焼き尽くされた光景を思いだして、戦後のひど…
コメント:0

続きを読むread more

4月5日姫路城と男山

イオンの駐車場に車を止めて、まず駅前の好日山荘に行き、sunntoの高度計の電池を買いに行ったが、取り扱っていなかった。もう使えないということらしい。これがつまずきの始まりであった。北に歩いて、総社に10円入れてお参りし、姫路城に入る。満開であるが、コロナのせいで中国語や韓国語の声がしないので、以前より静かである。城北公園から男山の長い…
コメント:0

続きを読むread more

4月2日亀池

4月になり姫路城も満開になったと言っていたが、今日は先日歩いた、亀池への中垣内からの道をもう一度、テープを付けながら、整備もかねて登った。亀池手前で、この道を下りてくる、地下足袋を履いた、縦走者にあった。いかにもスピードでどこまで行くのかわからないが、すれ違った。堤の上では老人二人が座り込んで休んでいた。池の水際で昼飯を食っていると、水…
コメント:0

続きを読むread more

3月30日中垣内キャンプ場から、亀山、城山城

キャンプ場から亀山へは久しぶりであった。沢沿いの道で、5つの橋を渡り、伊関神社奥社で一休み。亀池の堤では数人の高齢者が賑やかに休んでいた。池の鳥が、キンクロハジロかなと。亀山から昨年整備された展望の良い、城山城まで足を伸ばした。新しい旗がはためいていた。ここまで2時間30分であった。思ったより疲れた。帰りは、亀池から、中垣内へ50分のル…
コメント:0

続きを読むread more