2月23日池巡りと亀山と祇園嶽

菖蒲谷まで上がり、大成池のほとりに駐車する。老夫婦が畔で何かを食べながら、水面を眺めていた。次の新池を目指して、歩き始める。新池には新しい表示板が立っていた。自然歩道も整備され、ていたが、日ハム、の森の東屋が無くなっていて、巣箱なども、撤去されていた。企業の森整備もコロナのせいかもしれないが、手を引いたようだ。自然歩道には新しいプラスチ…
コメント:0

続きを読むread more

2月20日新宮の山、高倉2月20日新宮の高倉山と田幸山

栗栖神社に駐車して、林道を少し行くと水溜りがあり、水中に蛇のようにガマガエルの卵が早くも産みこまれていて、気持ち悪かった。カエルは盲見当たらなかった。少し先には鹿のしゃれこうべが転がっていた。生まれてくるものがあれば死ぬものもある。ほんのちょっとの歩行の間に 自然の摂理を見たようだ。いやな急斜面の尾根道を1時間程登ると一年ぶりの山頂に…
コメント:0

続きを読むread more

2月16日吉島古墳から大寺山城

登山口の天満神社で準備していると、カラカラという音が聞こえて来た。絵馬が風で鳴っていた。毎年吉島古墳に登っている。古墳の展望とあたりの雰囲気が気に入っている地点の一つである。ここに埋葬された古人もたぶん満足しているだろう。南に大倉山が見える。国指定の古墳らしくさすがいい所に作ったものだ。ここだけ切り開かれた広場に独り座って昼飯を食べるの…
コメント:0

続きを読むread more

2月13日馬場後山から雄鷹台山

温かくてかなり汗をかいた。昨年より1時間近く多くかかった。馬場墓地を起点にして4時間40分であった、からだが重く5キロほど肥えたのがげんいんだろう。地蔵峠までは草刈していたので、歩き易かったが、峠から馬場後山まではましであったが、下りの道は昨年同様苦労した。昼飯は、ダニを避けて、後山展望岩のうえで食べた。昨年は頂上でダニがぞろぞろ出てき…
コメント:0

続きを読むread more

2月5日~10日Y山、Z山、嫦娥山

Y山は岩見坂の峠から東斜面を登り、展望岩に出る。ここのロープはトラロープの芯だけになっていて、このロープは安全でないので、慎重に登る必要がある。御津町のライオンズクラブが正月に登って点検していてくれたようだが、ここ数年は高齢になり登っていないようだ。この展望岩からの眺めは、御津山脈の中でも一番ではないだろうか。下りの西側の岩場のロープも…
コメント:0

続きを読むread more

2月4日綾部山と世界の梅公園

昨日、的場山に登っていた時に、下りてくる女性に会ったが、誰かに似ているなと思って、夜に女性議員が辞職するというテレビを見て、この人かと気が付いた。よく似た人がいるものだと、思ったが、このよく似たひとが、登る準備をしている時に、先に登って行って、こちらが山頂まで後20分ぐらいの所で、下りてくるのに出会ったのだ。速さに驚いたのと、マラソンで…
コメント:0

続きを読むread more

1月26日楯岩城趾から一等三角点の城山

昨日に続いて、一等三角点のある城山に、西の神社から遊歩道を登った。ちょうど1時間ほど山頂に着く。去年と違って、南に切り開かれていて瀬戸内海が京見山の尾根越しに見えた。大きな三角点の前の石上に座り、展望が開けた海を見ながら、大福もちを食べた。最近は業務スーパーで買い出しすると、いつもレジ前に置いてある、5個入りの大福もちを買ってしまう。こ…
コメント:0

続きを読むread more

1月25日今年初めての高御位山

ここ毎年鹿島神社に詣でてお御籤で運勢を占っているが、吉であった。2年前は凶が出て、癌がみつかり、昨年は治療で2か月程病院に毎日通院した。まだ3か月ごとに検査に通はなくてはならない。まだコロナが収まらず、毎日100人近く死んでいる。ワクチンはよ打ってほしい。恐らくこのままでは、オリンピックは出来ないだろう。東京は世界中から人が来てまた密に…
コメント:0

続きを読むread more

1月19日金輪山と立岡山

風が冷たいので、南側に登山道がある金輪山に登ることにした。登山口の側にあるお寺の駐車場を使わせてもらって、舗装道を山頂まで35分ほどかけて登った。山頂広場からの南には海がキラキラ光って眺められる。ここも展望が抜群によい。御津山脈や天下台山が繋がって一望できる。まだ御津山脈はⅩ山までしか行ってないが、雄鷹台山まではこの月中に行きたいと思っ…
コメント:0

続きを読むread more

1月16日笹山

曇り空が晴れ初めていたが、まだ黒い雲が北の空にあったので、1時間程度で歩ける笹山にした。リハビリセンターの横の女明神登り口したに駐車した。枯葉で埋まった遊歩道を尾根道まで登ると、切り開かれて、整備された道に出た。すぐ女明神に着いたが、曇り空で靄が出ている。ここから少し登ると、鬼の足跡がある。尾根を少しで150mピークの表示盤があり、…
コメント:0

続きを読むread more

1月14日鶴嘴山と愛宕山

前にゴルフ練習場がある登山口から、タイコ岩に向かうが、遊歩道が手入れされておらず、コシダが茂り、表示では15分となっていたが、40分もかかり、タイコ岩に登り、鶴嘴山に10分後に着いた。春霞のように南は霞んでいたが、汗が出た。下の池の緑の色が鮮やかで、愛宕山がすぐ登れるように思ったので、予定にはなかったが、裏側から登ることにして、まず、屏…
コメント:0

続きを読むread more

1月6日から10日の山歩き{Ⅹ山、壇特山、養久山}

1月6日Ⅹ山は岩見梅林のゲート前に駐車して、かなりな坂の舗装道路を梅林まで上がり、左の道をドンつまりまで行き、尾根に沿って登って行くと、古墳の洞窟上に頂上がある、東に綾部山の山頂にある梅公園がの唐梅閣が見える。下りは西に岩見坂の峠に下りる。2時間で元に戻る。Ⅹ山山頂Ⅹ山の下りより七曲りの海を見る 1月9日壇特山と朝日山に登る。毎日朝山…
コメント:0

続きを読むread more

令和3年1月1日綾部山の初日の出と的場山と3社初詣

新しい年が明けて、今年も綾部山から初日の出を拝んだ。昨年は癌治療やコロナ禍で例年にない暗い年であった。幸い3密を避ける単独山行きが趣味の小生にとっては普段通り山歩きを楽しんだ。昨年の山歩き回数は119回であった。37日の癌放射線治療があったので目標の120回に届かなかった。今年も月10山を目標に、新しい山10山を目標にしたい。初日の出を…
コメント:0

続きを読むread more

⒓厚19日御津山脈の碇岩北山

今年も寒くなって御津山脈を歩き始めた。碇岩北山は自宅から北に見える裏山で山頂からも家が見える。いつも下から眺めている山から逆に上から眺めて昼飯を食べる。空気が澄んでいると、明石大橋も良く見える。残念ながら今日はもやっていて見えなかったが。陽だまりにモチツツジが一輪咲いていた。山頂からは天下台山や雄鷹台山も一望できる。昨年3人で登山道を草…
コメント:0

続きを読むread more

⒓月2日たつの公園と的場山

見ごろと報じられていたたつの公園の紅葉はもう葉の先が枯れ始めて、終わりかけていたが、駐車場は満杯であった。しかし思ったほど人影はすくなかった。紅葉谷も昨年ほど鮮やかでなかった。両見谷から的場山に今年最後の登山をした。毎月一回登山を目標にしていたが、これで終わる。山頂からは四国まで見えるほど良く晴れていた。一人昼飯を食べていると、ひとり歩…
コメント:0

続きを読むread more

11月28日笠岡市の御嶽山(320m)

海の近くにある山で、相生市の天下台山とよく似た山であった。自宅から山陽道を110キロほど走り約2時間で登山口の鳥江峠に着いた。峠の西の入り口の夏目で、小さいミカンを露店で売っていて、ここが峠への入り口かと尋ねたが、返事をしてくれなかった。横にバス停の表示盤があり、夏目とあったので、車一台通れるかと思う細い道を登って行くと、峠手前でお婆さ…
コメント:0

続きを読むread more

11月24日龍ノ口山(257m)

岡山県の山で、近くの山でまだ登ってない山を探したら、龍ノ口山であった。山陽道の山陽ICで下りて、登山口のグリーンシャワー公園に自宅から1時間15分で着いたが、11時半になっていた。駐車場には30台ぐらい停まっていたが、連休で昨日は100台ぐらいだったそうだ。周辺のもみじがかなり紅葉していたが、遊歩道を登って行くと常緑樹が多く、紅葉はあま…
コメント:0

続きを読むread more

11月10日吉備高原大平山(697m)と権現山(600)

吉備高原につながる山は初めてで、有漢ICで下りて、権現池を起点に権現山を目指したが、池の手前が工事中で通行止めになっていた。う回路を走り、道を探したが、解らず、高速道路沿いに31号まででてしまったので、常福寺から大平山山頂まで上がり、昼飯にする。誰かのブログにこの山は車で上る山だと書いていたので、歩かなかった。山頂に一等三角点が在ると聞…
コメント:0

続きを読むread more

11月8日書写山の紅葉はまばらに色ずいていた。

刀出の駐車場はほとんど満車で、今日は人出が多そうである。途中幼児ずれや、子供ずれや母親が主導している。大講堂前に出ると、賑わいの理由が解った。堂内の公開日であった。山頂の白山権現に登る途中でも子供たちに会った。2人ずれの女性登山者に三角点はこの山頂にないのかと聞かれた。371mの表示がかけられている。魔尼殿前ではまだ猿回しをやっていて、…
コメント:0

続きを読むread more

11月6日静かな最上山の紅葉

最上山の紅葉山の上の駐車場を起点にしてまず、篠の丸城址(324m)に登る。赤い帽子の幼稚園児が賑やかに元気よく降りてきて、下の幼稚園に帰っていった。途中数本のもみじがこうようしていた。30分程で城址に着くと2組の老夫婦が休んでいた。広い城址の広場は静寂で、ここも数本が紅葉していた。2の丸前のベンチで山崎の町を見下ろしながら握り飯を食べて…
コメント:0

続きを読むread more