4月6日氷上町清住のカタクリと千ヶ峰

カタクリが見ごろになったので、見に行くことにしたが、2時間かけて氷上町に行くのはもったいないので、ついでに千が峰にのぼってからにした。市原峠までふるさと村から林道を登る。途中斜面にはミツマタの花が満開になっていた。峠には10台ぐらいもう来ていて、手前の空き地に停車して登った。途中の尾根には馬酔木の花が満開である。1時間程で山頂に着いたが家族連れなどで賑わっていた。展望を楽しみながらおにぎりを食べてから、すぐに下山35分ほどで峠に戻った。清住を目指して、東がわの林道を下り、78号線に入り、新しい2キロのトンネルを抜けるとゴルフ場の側を通り、卵かけご飯の店の先から左に入ると、カタクリに里で、駐車場はほとんど満杯で賑わっていた。今年のカタクリは明日がカタクリ祭でこれまで見た中で一番よかった。300円を支払い入園すると、大きなカメラを持った人達がカタクリ園を取り巻いていた。下の沢沿いには二輪草も咲いていた。
画像
千が峰の山頂
画像
山頂の展望
画像
清住のカタクリの群生
画像
カタクリの花
画像
賑わうカタクリ園
画像
二輪草の花

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック