アクセスカウンタ

つぐ丸のひとりごと歩き日記

プロフィール

ブログ名
つぐ丸のひとりごと歩き日記
ブログ紹介
山歩きが好きな、暇なおやじの独り言歩き日記です。後何年ぶつぶつつぶやけるかはわかりません。あちこち行ったり、出来ることは何でも手を出して暇をつぶしたいと思ってます。自給自足の暮らしを夢見てます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
7月3日沙羅の応聖寺、アジサイの円照寺、と高御位山
関西花の寺25か所の一つが応聖寺で沙羅の寺で有名である。いま見ごろなので、行ってみる。ササユリの医王寺から少し北に行ったところである。一日で花が落ちる。白い花が木の下に、敷き詰めている。2組ぐらいのおばちゃんグループが見に来ていたが大きな喋る声が聞こえていた。前の池には白い睡蓮が咲いていた。この花の白さも良かった。帰りに高御位山に登り、ついでにまた満開であろう円照寺のアジサイや桔梗、ノウゼンカズラ、百合を見て帰路に着いた。高御位山ではもう萩の花とどんぐりが実をつけ始めていた。蒸し暑く、大汗をかい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 20:10
6月10日天下台山のササユリ
曇りで雨が降りそうであったが、天下台山のササユリを見に行くことにした。毎年ここも見ずにすまされない。岩屋谷公園から登り、東屋を経て、尾根に出るとまず一輪さいていた。この遊歩道沿いに毎年数輪咲いているが、いつもの所には見えず、別の所に咲いていた。頂上までに10輪ほど咲いていた。頂上には3輪だけであった。下りで北尾根に出てとちゅうから、元のコースに戻ったが、5輪ほどがまだつぼみであった。毎年少しずつ減っていくのが寂しい。今日は頂上で一人だけに出会った。天気が悪かったせいだろうか。今年もササユリに会え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 21:58
6月8日医王寺、高御位山のササユリと円照寺のアジサイ
福崎町の医王寺にササユリが見ごろだと新聞で報じられていたので、初めて見学に行った。境内はかなりの人で賑わっていた。山際の寺の裏庭に数百本のササユリが群生していた。右手がわはほぼ満開で、左手がわはまだつぼみが多かった。まだ数日は見られるだろう。境内では珍しいウチョウランが販売されていて、よく売れていた。その他見慣れない草花が栽培されていて、賑わっていた。商売上手な住職のようだ。本堂では松園さんの書道展が行われていて、ここも鑑賞者で賑わっていた。次に成井から高御位山のササユリを見に行ったが、こちらは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 20:45
5月22日駒の尾山と千種高原の今年のクリンソウ
北側の高気圧のおかげでほとんど汗をかかずに駒の尾山の山頂に立った。ラジオを聞きながら、自撮りしているおじさんいた。氷ノ山を撮ろうとカメラを出したら、記念写真を撮ってくれた。ひんやりした空気で、小豆島まで展望で来た。北側からカッコウ、南側ではツツドリ、尾根ではホトトギスが鳴いていた。クマよけの鈴にもまるで気にかけないようだった。スズコを採りながら下る道に、ユキザサ、フデリンドウが今年も咲いていた。登山口の休憩所のトイレの前にスタンプが置いてあり、このスタンプであわくら温泉に割引で入れる。去年は気が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/23 13:44
5月11日福知渓谷の北側の藤ガ峰
昨年宍粟50名山の別撰5山が追加されたが、9年前に50名山完登してから、宍粟の山はヒルやダニが急に増えて敬遠した。沢やヤブの多い山は避けて、尾根道で展望の良い山や登山道が整備されて、足に草が纏わりつかないところばかり、主にあるいている。久方ぶりにわざわざ新たに整備された5山なので、登ることにした。藤が峰は登山口が850mの標高で、山頂が942mほどで、広い尾根の木々の中の歩き易い、尾根道で森林浴にはいいコースであった。ただ山頂はほとんど展望はなかった。秋の紅葉の頃に歩いたほうがよかったかもしれな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 11:00
4月30日クリンソウが咲いていた国見山
国見山のケイブルカーは満員で11時半に上の駅に着いたが、山頂展望台で飯にしようと思ったが、後から続々登っ茶て来たので、北の展望休憩所で食べることにしたが、3人のおばちゃんがいた。クリンソウがもう咲いているだろうかと聞かれたが、この山で見たことなかったので、ほかの山のことかいなとおもったので、千種高原だと5月中頃ごろだから、まだ早すぎると思うといったが、下りの長谷山遊鶴寺への登山口表示の少し上の沢筋に数株花を付けていた。初めてこの山でお目にかかった。昼食後外周線のハイキング道を柏原城まで1時間ほど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 21:04
4月13日枝垂れ桜の高見の郷
東吉野の高見山の麓の高見の郷に3時間30分かけて、第三駐車場に着いたがここもほとんど満車であった。バスに乗り換えて、入り口広場について、入場料1000円払う。マイクロバスに乗り換え天空の庭まで上がる。ほぼ枝垂れ桜は満開で1000本が山上に続いている。展望台まで階段を上ると全体が見渡せる。婆さん爺さんも元気に登ってくる。みんな絶景に見とれている。フリースの上にアノラックを着ていてちょうどいいぐらいの寒さであったが、天気が良く、空気が澄み切って、花もよけいにきれいに見えた。いつもより一週間ほど早く満... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/15 20:58
4月10日ミツバツツジと馬酔木の花
8日の日曜日は天下台山は遊歩道の両側にミツバツツジが続き、ところどころに山桜も咲き残って気持ちのいい山歩きの時期になった。おばちゃんの団体や子供連れの家族も来ていた。登りで前を登るおばさんを追いかけたがすごい速さで追いつけなかった。というよりこちらが遅すぎたようだ。下りでは一年生ぐらいの女の子に追いかけられた。子供が元気に山登りするのは、こちらも負けまいと力んでしまっう。単独で歩くのが身体に合っている。 10日に宍粟50名山の別選5山の岡ノ上三山に初めて登った。高原歩きのコースということであっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 12:37
4月3日佐用町の花見
桜の時期になると、佐用町の花を見るのが毎年の行事になっている。まず平福駅から利神城に登り、花見をしながら、展望も楽しみ昼飯にする。今年は満開になっていた。帰りは平福の街並みをみて、智頭線の線路沿いに咲いた芝桜を見て、支文川の土手の桜並木を見に行く。田んぼの中に続く花の列はいつみても気持ちいい。花見客はほとんどいないが、静かな田舎の風景である。光都では4日からチュウリップ祭であったが、なかには入れなかったがきれいに咲いていた。利神城の頂上の桜。利神城から平福の街を見る。利神城の城壁の石垣に咲く花。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 22:19
4月1日姫路城とたつの城の桜
朝、ウグイスが起こしてくれるようになった。布団から出るにももう慌てて着替えしなくてもよくなった。姫路城は16年ぶりに3月ちゅうに満開になったそうである。毎年ここの桜を見ないと、春が始まらない。今年も花見客の声は、中国人や韓国人が多く、日本人は子供連れか老夫婦である。大手門から前の広場、左手の西の丸、正面に周り、東から、堀沿いに、北に上がり、城北公園の枝垂れ桜を見て、西に行く。男山神社から頂上に登り、昼飯のおにぎりを食べて、帰りは、南に外堀沿いにの桜並木を歩いて、船場川沿いに、イオンの駐車場に2時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 21:53
3月28日カタクリやコウヤミズキの秋葉山と土万の桜
昨日は証人喚問を見て、この国の中枢を背負う官僚の態度を見て胸糞悪くなった。この国はだんだん落ち目になって行くと誰かが予測していたが、にわかには信じがたかったが、やっぱりそうかと寂しくなった。自然はそんなことお構いなく、カタクリが咲き、秋葉山には初めて見るコウヤミズキが咲き誇っていた。麓の土万の里には桜が満開で、山裾には木蓮が白い花をつけていた。カタクリの里の弦谷の道の温度計は27度になっていて、夏日の暖かさであった。窓を開けて走ってもドライブは心地よかった。もう残り少ない人生のわが身は、花見して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/28 16:25
3月22日鶯の鳴きはじめ、スミレも咲き始めた。
4日から今日まで登ったのは高倉山、京見山、的場山、田幸山であったが、13日の的場山では今年初めて鶯の鳴き声を聞いた。今日は田幸山の林道ではかわいらしい小さなスミレが数輪、かたまって咲いていた。気温も20近くあり、汗をかいた。この山で初めて登山者に出会った。下山しようとしていたら、鈴の音が聞こえて来たので、背後の方に行くと、北の明専寺から直登してきた。ああきつかったと汗だくであった。同じよなお爺さんであった。高そうな一眼レフを首からかけていた。野鳥でも狙っていたのだろうか。少し話して新しく出来た林... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/16 16:32
3月3日岡山の鬼城山、犬墓山へ
戌年なので犬の名のつく山を探すと犬墓山が岡山県にあった。鬼城山の北側にあるので、遊歩道も整備されているので、展望の良い山城コースから岩屋寺、に周り、周回で犬墓山を登り、戻るコースであった。予定は犬墓山から反対に廻ろうと思ったが、昼飯は展望の良いところで休みたいと思ったので、鬼城から歩いた。西門、南門、東門、から展望が一番良いと言われていた屏風折れ石垣で昼飯にした。さすが南に大展望がひらけていて、きょうはかすんで見えなかったが四国まで望める。親子ずれや、夫婦など、観光客も多い。ここから北門に周り、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 14:47
2月13から27日の山歩き
13日は屏風岩からタイコ岩、鶴嘴山に登った。約2時間であった。老人一人にあう。マンリョウの赤い実が目について男鹿島が光の海に浮かんでいた。 14日は薬をもらってから裏山のヤッホの森を歩いた。亀岩から日吉神社に下りた。約2時間であった。河内小学校横の入り口で後ろから先生に声を掛けられビックリした。不審者と思われらしい。 17日もヤッホの森を歩いた。神部小学校から黍田富士に登り、いつものように幸せの鐘を鳴らして、亀岩まで行き、尾根を東に行き、山津屋に下りた。約2時間であった。 20日は菖蒲谷公... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 17:17
2月11日世界の梅公園の梅まつりには咲くだろうか
2月に入って2日に高御位山に長尾から頂上、縦走して鹿島神社に下りたが、雪解けの道でぐちゃぐちゃした泥状の尾根道であった。いつもと違って人は少なかった。神社も閑散としていて、古いお札を返して、新しいのを買って、おみくじを引くと凶であった。これで今年の運勢は何事も成らず、病気も治らず、何事も自重せよとのことで、もうこの山には来る気がしなくなった。柏餅をいつも買って帰るのだが、節約した。6日に的場山に今年二回目の登山をしたが、山頂はマイナス1度で寒かった。この山は毎月登ることにしているのだが、この時期... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 20:30
1月31日天下台山から大倉山まで
1月19日から昨日までに歩いた山は、主にこの時期にだけ歩くコースで、一つは馬場墓地を起点にして黒屎池から天下台山、二つは馬場後山から雄高台山、三つ目は昨日歩いた中垣内のキャンプ場から左の沢を詰めて、林道経由、大倉山、下りは39番鉄塔に下りるコースであった。どれも約4時間前後の時間食った。特にウラジロなどが茂り頭の上まで延びているところかき分けて登った。特に苦労したのは馬場坂地蔵から馬場後山(野瀬奥山)で今年誰も歩いた様子がなかった。あと笹山、見晴らしの森であった。昨日の大倉山ではまだ少し雪が残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 10:58
1月18日綾部山の世界の梅公園の蝋梅
冬場は近くの里山を歩くシーズンだが、正月から今日までに壇特山、朝日山、的場山、見晴らしの森、愛宕山、金輪山、城山、養久山、伝台山から碇岩北山、そして綾部山の世界の梅公園に登った。蝋梅や梅の状況はどうだろうかと思って見に行ったが梅はほとんどまだつぼみで、蝋梅も5分咲きぐらいであった。2月11日は梅まつりでそのご開園するが、ここ数日あたたかいので、ぼちぼち咲き始めるだろう。開園すると有料になるので登らないが、それまでに咲いてほしいものだ。芝生広場にタンポポも咲き始めていた。尋梅館まえの蝋梅唐梅閣まえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 13:41
平成30年1月1日初日の出
このブログもそろそろ終わりにしようかと思っていたが、これが生きてるということの証になると年賀状に書いてあり、この世から忘れ去られないためにも、続けていくことにした。内容はもう山登り中心にならないので、独り言が多くなるだろう。思いついたら書くというスタイルにしたい。今日はいつも拝む綾部山から初日の出を見た。雲もほとんどなく、すんなりと顔を出してくれた。昨年来ていた近所の住人は、もう来ていなかった。登れなくなったようだ。帰宅してから地元の富島神社にお参りして、甘酒を飲んで、古い破魔矢を返し、新しい犬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 18:57
12月30日御津山脈
今月は地元、御津町の北側の境界に東から西に横たわっている山並みの通称、御津山脈を整備かねて歩いた。東の登山口、中島地区の石見神社から古墳の道の権現山、トンネルの上に降りて、御津富士の碇岩北山に上がり、NO13鉄塔を経て、稲富山、から岩見梅林に下り、]山、Y山、Z山、室津港の北側の嫦娥山、御津山脈最高峰の雄鷹台山へ、この先尾根は万葉岬まで延びる。今回は雄鷹台山まで歩いた。登山口の石見神社上から南の展望碇岩北山から西の展望。Y山、嫦娥山、雄鷹台山。]山展望岩から。Y山展望岩より世界の梅公園のある綾部... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 20:41
12月1日秋葉山(宍粟50名山、別選5山)
秋葉山という名前は,和歌山の学生時代にうさぎ跳びなどした山と同じで懐かしく思い出した。先日別選5山が出来ていると初めて聞いて、調べてみたら、8月11日の山の日に選定されたそうだ。昨日までに5山完登していれば記念品が抽選でもらえたらしいが、もう遅い。今日は北の方は天候がわるくなるというので、南の一番低いこの山に登った。土万にははじめてきたが、旧小学校の登校道路入り口が登山口であった。取り付きは門手前の獣道のような斜面を登る。やがて展望台について、ここへは右手から参道ような道が付いていた。表示にした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 14:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぐ丸のひとりごと歩き日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる