アクセスカウンタ

つぐ丸のひとりごと歩き日記

プロフィール

ブログ名
つぐ丸のひとりごと歩き日記
ブログ紹介
山歩きが好きな、暇なおやじの独り言歩き日記です。後何年ぶつぶつつぶやけるかはわかりません。あちこち行ったり、出来ることは何でも手を出して暇をつぶしたいと思ってます。自給自足の暮らしを夢見てます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
10月7日きのこ観察会(津黒高原)で冬虫夏草
秋になるとキノコが登山道の側ににょきにょき出ているが、ほとんど毒たけのようなので、手をださないが、食べられるものが、見分けられれば、山歩きも一段と面白くなる。昨年若杉原生林でナラタケを採っていた人に、見分け方を聞いたら、キノコ観察会で勉強していると教えてくれた。津黒高原の観察会を聞いていたので、申し込んでいた。会費1000円で食費込みで、昼食にキノコ汁を食べたが、これがめちゃおいしかった。会場は津黒高原生き物ふれあいの里・ささゆり館であった。30人ほどが2班に分かれ、キノコ研究会のスタッフに案内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 21:12
9月21日天下台山のパワースポット
西の登山口の新しくできた駐車場に、新たに案内看板が出来ていた。駐車場南下の滝が竜穴でパワースポットであると表示されていた。行者信仰の行場でもあると。ここが案内にあるような聖地であると初めて知った。今日初めて山頂で何回も般若心経を唱える老人に出会った。普段はいつも賑わっている山頂だが、このような老人に出会ったのは初めてであった。登山口に出来た案内看板で合点がいった。汗をかいた身体には沢沿いに吹く風に冷気を感じる季節になった。桔梗は終わっていたが、フジバカマやツリガネソウ、ヤマハギなどが咲いていた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 23:06
9月15日幻の彼岸花と桔梗
彼岸花に幻の花があるとは知らなかった。田んぼの畦を真っ赤に染める彼岸花だが円照寺の庭にはピンクの花や黄色の花が、続いて咲いていた。ピンクの花が幻の花らしい。ふわりと大きい花であった。この寺庭には次々と季節になると違う花が咲いてくる。和尚さんがよほど花好きのようである。手入れが大変だろうと思う。鮮やかな萩の花が咲いていたが、早めに剪定すると、お婆さんに説明していた。ほとんど中高年の女性で占められていた。最後に赤の花が咲くということだ。帰りはいつものように、高御位山の成井の登山口向かった。この時期に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 19:54
8月23日ツルリンドウと蛇たち
氷ノ山は5月に登ったが今回、予定は前日登る予定であったが、天候不良のようであったので、今日にしたのだが、山頂はずっとガスのなかであったので、展望なかった。それでも少しは涼しい夏山気分を味わいたいとおもって氷ノ山に、殿下コースで登った。夏はよく蛇が出てくる径であるが、まず初めに太いマムシに出くわし、次にシマヘビ2匹、そして黒いヤマカカシで、3の丸に着いたが、氷ノ山への尾根はガスって山頂見えず。ここから山頂までにヤマカカシ2匹で行きも帰りも出迎えてくれた。山頂は20度で風を避けて座って昼飯にしたが、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 22:44
8月20日サギソウと桔梗
天下台山に登るのは今年8回目であるが、この時期はサギソウと桔梗の花が咲くので、毎年登る。西の鳥居前の新しく出来た駐車場には、日曜日にしては2台しか停まっていなかったが、11時前であったからだろう。暑い時のこのコースのいいところの一つは、最初の橋から大森橋の間の沢筋の冷たい風である。次は長命水の冷たい水。顔を洗うと気持ち良い。後は立見岩の展望台の展望と涼しい風にあたることだ。山頂は暑いので休憩は立見岩でして、通過して、南に下ると桔梗が咲く。東屋から下るとサギソウが咲いている。小さい湿地で木の枝で入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/21 12:24
8月14日サギソウ
姫路の植物園でサギソウの展示が始まったと新聞に出ていた。この花の種類が15種もあるらしい。絶滅危惧種になっているが、いつも見に行くヤッホの森に今年の状況を確認を兼ねて歩いてきた。夏休みで静かな神部小学校横から、黍田富士に向かうが、小さい橋を5つ渡るまでは、木陰と沢の水で涼しい歩行であった。黍田富士の展望台は修理が終わっていた。展望台の下を帰省客を乗せた新幹線が数分ごとに交互に通過していく。亀岩に向かって階段を上っていると、後ろに気配がして、振り向くと若い男性がかなりの装備でのぼってきていたので、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 13:23
8月11日山の日に千が峰
山の日が出来て2年目であったが、忘れていた。どこに行こうかと思ったが先月登った千が峰の市原峠に新田ふるさと村から舗装道路が出来ていたので、確認もかねて、播但道を使わず、また登ることにした。自宅から2時間弱で登山口の市原峠についていた。ふるさと村は10年ぶりぐらいに覗いたがキャンプ場など大きく開発されて、人で賑わっていた。レストラン駐車場は満杯であった。盆休みに入っていたからだろうか、家族連れが多かった。山頂は静かで前回よりひっそりとしていた。2組だけであった。霧が晴れたり、かかったりして、展望は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 20:46
7月15日千が峰とラベンダーパーク多可
多可町にラベンダーパークが出来たと宣伝しているので、一目見たいと思ったので、ついでに千が峰に登った。一番簡単なコースが市原峠である。10年前ぐらいには峠までの道はまだ工事中であったが、今日行ってみるときれいな舗装道路と駐車場も出来ていて、大きな休憩所も出来ていて、尾根筋にも展望台があり、きれいな遊歩道が整備されていた。反対側のふるさと村にもきれいな道路が通じているようだ。12時前に登山口の駐車場に着いたが、もう10台近く駐車していた。ここが標高750mで山頂まで2キロと表示板にある。歩いて50分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 11:05
7月11日天下台山
今日は西の鳥居のある登山口から登ったが、入り口右に10台ぐらい駐車できる駐車場が出来ていた。いつもここから登るときは駐車地に困っていたが、やっと相生市は解ってくれたようだ。急に蒸し暑くなったので、汗だくで登ったが、木陰に来ると風が心地よい。山頂ではアオスジアゲハやシオカラトンボも舞っていた。とちゅうの道脇に黄色いキノコが目を引いた。キノコの名前だけはガイド本を見ても良く解らない。たぶん毒キノコだろうが、触らないことにした方がよさそうだ。まだまだ山には知らないことが多い。雨の多いこの時期は苔もきれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 18:53
7月9日花の寺と高御位山と花火
昨日、アジサイの花を見に円照寺に行くと、アジサイも咲いていたが、メインにはノウゼンカズラや百合、キキョウになっていた。次から次えとこの寺の境内は花に包まれるようだ。写真を撮って帰ろうとしていたら、お婆さんがコーヒーまで持ってきてくれた。小さな本堂だがコンサートの案内のチラシも置いてあった。写真機を持った常連さんらしき人たちがいつも来ているようで、花談義をしていた。この日も帰りはここから10分ほどで成井の登山口に着き、高御位山に参拝した。蒸し暑くて大汗かいた。小学一年生ぐらいの子供を連れた、山ガー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 16:15
6月26日御津自然観察公園(世界の梅公園)のアジサイ
北側の公園入口から山頂広場まで約1.8キロの道路わきにアジサイが咲いている。今年は剪定の仕方がわるかったのだろうか、ところどころ花が咲いていないところが続いている。それでも歩きながら花を眺めると、それぞれ微妙に色が違ってきれいである。花の色が日々変わって行くので、毎日歩いている人も多くいるようだ。花の期間は休園日はないそうだ。完全に色ずいている花より、色ずき始めている花のほうがみずみずしくて、眼をひいた。雨がふるほどきれいな色に咲くようだ。いつもの散歩コースは旧新舞子荘前からであるが、アジサイの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 13:50
6月23日黒尾山のジキタリス
野々隅原から山頂へ。下りは小野コースで元牧場のジキタリスの群落地へ。ここから出発地の牧場入り口に戻る。歩行時間2時間50分であった。ここ数年は毎年通っている。ジキタリスは牛がきらいな毒草で牧場の周辺に逃げない様に植えたらしいが、放牧しなくなった牧草地を占領している。今は林道の両側にもどんどん増えている。数年後にはジキタリスの花の中を登ることになるかもしれない。恐ろしい繁殖力である。野々隅原からの林道わきにはジキタリスがどんどん進出してきている。そのうち両側を埋めつくすだろう。林道から登山道への入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 22:17
6月17日天下台山のササユリ
もうササユリは終わっているかと思って登った。途中下山してくる人に尋ねたが、ササユリには関心がないようで、最近は見ませんなーという程度であった。一組の夫婦が北尾根と山頂で一輪見つけたそうだ。岩屋谷コースの東屋てまえから、対岸の斜面に数輪咲いているのが見えた。尾根に出てすぐ右手の草の中に幸い花と蕾を一輪ずつ見つけた。今日はこれで満足である。ここから遊歩道脇に萎れかかった2輪を見た。2人の子供つれ夫婦の後に山頂に着いた。記帳ボックスの前の草むらに2輪咲き残っていた。下りは北尾根から5号鉄塔に下りると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/17 19:20
6月14日花の寺円照寺から高御位山のササユリ
円照寺のアジサイは3分ぐらいで、あと10日ぐらいで満開になるだろうと、住職が教えてくれた。玄関前の鉢植えのササユリは咲いていた。鮮やかな桔梗も咲いていた。境内の掲示板に「たのしみは朝起きいでて昨日まで無かりし花の咲けるを見る時」が掛かっていた。独楽吟の歌だろう。花の寺らしい雰囲気である。高御位山にはササユリがまだ咲き残っていることを願っていたが、群生地には見当たらなかった。咲き残っているものは花ビラがしおれていた。数輪のましな花の写真を撮って、山頂に上がった。神社そばでは大勢の人が昼飯を食べなが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 18:02
6月8日〜10日大船山のミヤマキリシマ
前日9時間走って登山口の長者原で車中泊して、6時出発。雨が池越で坊ガツルに8時に着く。平治岳はピンク色になっているが、大船山はどうなっているかわからない。段原目指して亀のように急斜面を登る。80分で着く。周りはミヤマキリシマで染まっていた。長年の願いがやっとかなった。周りでは歓声が上がっていた。とりあえず目の前の大船山山頂目指す。10時到着。360度の大展望である。南に54年まえに登った祖母山、西に縦走した九重山、奥に阿蘇山、北に由布岳。段原の北尾根にミヤマキリシマが続き、その奥に平治岳もピンク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/11 20:46
5月31日岩屋谷公園のオオキンケイギク
天下台山の北の登山口の岩屋谷公園にはこの時期オオキンケイギクが群生している。谷を金色に染める。10日前はまだつぼみであったが今日は満開になっていた。池の奥の谷に沿って歩いて、沢を渡るところに赤い実がぶら下がっているのを見つけた。ウグイスカグラの実のようだ。的場山でも見かけた。白いコガクウツギ の花をみながら山頂に地下ずくと、シャリンバイの白い花もかなり咲いていた。ササユリはまだつぼみもつけていなかった。オオキンケイギクの群生堰堤したのオオキンケイギクウグイスカグラの実山頂付近のシャリンバイ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 19:43
5月23日千種高原のクリンソウは一割程度であった。
昨年は20日に見に行ったが、きれいに群生していたが、今日は群生地の一部にパラパラと咲いている程度であった。特に一番大きな弁財天の群生地はほとんどつぼみであった。雪が多かったせいだろうか。後1週間ぐらいがみごろだろうか。今日はまず駒の尾山に登って、帰りにクリンソウを見に行った。山の遊歩道は新緑の中で、風が心地よく気持ち良い登山であった。山頂からの帰り道で、標高1200m辺りのネガマリタケの群生地でスズコを採った。レジ袋一杯採ったが、30mほど先でがさがさと音がしたので、熊が多いところなので、慌てて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 13:39
5月20日今日の天下台山の花
暑いぐらいの晴天で会ったので、山頂で昼飯を食べようと岩屋谷公園に12時前に着いた。まず黄色のオオキンケイギクはまだ谷にはちらほらで、堰堤の花畠にはシランが、少し歩くと谷に黄色いジャケツイバラが咲き、白い小さなコガクウツギが道の両脇に目につく。中腹の東屋からは下の谷に鯉のぼりが見える。ササユリがまだつぼみもつけず数株延びていた。登山の道の途中にモチツツジがあちこちまだ咲いていたが山頂にもまだかなり残っていた。またシャリンバイが咲き始めていた。1時前に昼飯を食べていると一人のおばちゃんが声をかけて下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 16:54
5月11日氷ノ山のスズコ未だであった。
去年は5月7日に殿下コースから登って、スズコもかなり採れたが、今日は残雪に阻まれて登山口にも行けなかった。横行渓谷から氷ノ山林道に出てすぐ左折したら、すぐ残雪で通行不能であった。仕方なく大段平から登ることにした。下りてきた人が今年は未だ早く、出来も悪いと言っていた。登山口から山頂を見るとほとんど雪は見えなかったが、1350m付近から1400m付近までは残雪で道は全く見えなかった。山頂は雪はなかったが、歩く予定にしていた3の丸からの尾根はほとんど雪に覆われているようであった。あと10日ぐらいすれば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 22:27
2017年5月4日三川山のシャクナゲ
この山は17年前に登っているが、登山道は急斜面が多く、下りに使った奥の院コースはシャクナゲが覆いかぶさり下が見えず何度も滑った。そこで今回は登りにこのコースを使った。昔と変わらず獣道を少し良くしたような足元が滑りやすい歩き難い道であった。頂上まで1900mあたりからがシャクナゲが多く咲いていて、イワカガミも足元に見かけた。頂上付近にはタムシバも咲いていた。頂上からは佐津の海も良く見えた。夫婦ひと組みが昼寝してたい。そのほかにおばちゃんふたりずれに会っただけであった。下りはシャクナゲコースに下りた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 16:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

つぐ丸のひとりごと歩き日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる