テーマ:花見

4月7日利神城から佐用町の花めぐり

山は三密から逃れる安心して遊べる空間であろう。ということで天気も良いので佐用町の平福にある利神城の桜を見に、登った。おばちゃん2人と夫婦一組に会っただけであった。山頂の桜は満開でY氏と二人で、下界を展望しながら昼飯を食べた。山腹から見ると、平福の街並みと青い川が一望できる。帰りは智頭線の線路沿いの芝桜も見て、三日月の支文川沿いの桜並木も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月4日三休山、鶴山公園の花見

岡山県の美星町の三休山の桜は初めてであった。標高270mの南側の斜面に約5000本の花がつつじと混ざって満開になっていた。車で山頂駐車場まで登って花見するが、遊歩道を下りながら見ることになり、山腹途中は駐車禁止なので、いい景色が眺められないのが残念である。おばちゃんのグループが麓から登山していたが、次は歩いて登りたい。4ヵ所の駐車場は満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月25日沙羅の花、アジサイの花

沙羅の花が見たいというので、福崎町の応聖寺に行った。もう90歳を超えてボケが酷くなってきて、あの世に召されるのもう近いお婆さんである。お釈迦様が死んだとき、沙羅の花が、急に咲いて亡骸の上に降り注いだという。婆さんも沙羅の花のしたであの世に逝きたいと思ったのだろうか。一日で咲いて落ちてしまう儚い花だ。老夫婦が数組見に来ていて、写真を撮って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月13日利神城、志文川、羅漢の里の桜、佐用の芝桜、チュウリップ

毎年観に行く桜は見に行かないと、何かし忘れたように思う。今日は佐用町の桜や、芝桜、光都のチュウリップ、羅漢の里の桜を散る前に見に行った。まだ咲いていてくれた。平福の利神城は関係者以外立ち入り禁止という表示があるが、下りてくる老人にあう。山頂はちょうど満開であった。登山道も掃除されていた。山頂からの展望は良い。帰りに智頭線の線路わきの芝桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月12日讃岐富士(飯野山)と紫雲出山の桜

瀬戸大橋を走っていると讃岐富士(422m)が目の前に迫って来て、坂出ICを出る。家から2時間で飯野町登山口に以外に早く着いた。駐車場は平日なのに満杯であった。遊歩道を登り始めると同年代の老人たちが杖をついたりしながらぞろぞろ下りてくる。どうやら毎日登山の人達のようである。途中の見晴らしいい展望が開けていて、讃岐平野や瀬戸内海が一望できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月3日沙羅の応聖寺、アジサイの円照寺、と高御位山

関西花の寺25か所の一つが応聖寺で沙羅の寺で有名である。いま見ごろなので、行ってみる。ササユリの医王寺から少し北に行ったところである。一日で花が落ちる。白い花が木の下に、敷き詰めている。2組ぐらいのおばちゃんグループが見に来ていたが大きな喋る声が聞こえていた。前の池には白い睡蓮が咲いていた。この花の白さも良かった。帰りに高御位山に登り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月13日枝垂れ桜の高見の郷

東吉野の高見山の麓の高見の郷に3時間30分かけて、第三駐車場に着いたがここもほとんど満車であった。バスに乗り換えて、入り口広場について、入場料1000円払う。マイクロバスに乗り換え天空の庭まで上がる。ほぼ枝垂れ桜は満開で1000本が山上に続いている。展望台まで階段を上ると全体が見渡せる。婆さん爺さんも元気に登ってくる。みんな絶景に見とれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月3日佐用町の花見

桜の時期になると、佐用町の花を見るのが毎年の行事になっている。まず平福駅から利神城に登り、花見をしながら、展望も楽しみ昼飯にする。今年は満開になっていた。帰りは平福の街並みをみて、智頭線の線路沿いに咲いた芝桜を見て、支文川の土手の桜並木を見に行く。田んぼの中に続く花の列はいつみても気持ちいい。花見客はほとんどいないが、静かな田舎の風景で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月1日姫路城とたつの城の桜

朝、ウグイスが起こしてくれるようになった。布団から出るにももう慌てて着替えしなくてもよくなった。姫路城は16年ぶりに3月ちゅうに満開になったそうである。毎年ここの桜を見ないと、春が始まらない。今年も花見客の声は、中国人や韓国人が多く、日本人は子供連れか老夫婦である。大手門から前の広場、左手の西の丸、正面に周り、東から、堀沿いに、北に上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月26日御津自然観察公園(世界の梅公園)のアジサイ

北側の公園入口から山頂広場まで約1.8キロの道路わきにアジサイが咲いている。今年は剪定の仕方がわるかったのだろうか、ところどころ花が咲いていないところが続いている。それでも歩きながら花を眺めると、それぞれ微妙に色が違ってきれいである。花の色が日々変わって行くので、毎日歩いている人も多くいるようだ。花の期間は休園日はないそうだ。完全に色ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月16日たつの公園桜から的場山でリスに会う。

2日の武者行列のときはつぼみ程度だったので、再度見に行ったが、ほとんど散っていて、残っているのは枝垂れ桜だけであった。この日まで駐車場有料と書いていたが、無料開放されていて、下の離れた無料の駐車場に停めただが、バカをみた。広場から遊歩道を奥の聚遠停に行くと、茶室前と右手奥に枝垂れ桜が満開であった。諦めていたが、咲いていてくれた。次にお城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月14日奈良の大野寺、又兵衛、石舞台の桜

奈良の初めて見る桜を見に行った。約3時間で室生の大野寺に着いた。狭い境内に枝垂れ桜が数本ひしめくように咲いていた。毎年来る花見客がだんだん薄くなるなあと自分の頭髪みたいに、寂しそうにいっていたが、初めて見る自分には十分きれいに咲いていた。対岸に磨崖仏が岸壁に彫られていた。次に大宇陀の又兵衛桜を見に行った。駐車場も満杯でにぎわっていた。3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月12日利神城と佐用町の花見

花見を兼ねて佐用町を回った。まず光都を下りて、弦谷のカタクリを覗いたが終わりに近く、一輪草が良く咲いていた。次に平福駅に駐車し、利神城に登ると桜は満開で、南側の石垣にはオウバイが咲いていた。天空の城にいるような気分で握り飯を食べる。往復90分で平福を後にして、佐用町の鉄道沿いの芝桜のパッチワークのような土手を写真に撮る。1キロほど芝桜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月9日姫路城花見散歩

街中を歩くのは山歩きを趣味にしているので、桜が咲いた町を歩くぐらいである。花見には最近は姫路城を中心に毎年歩いている。駅西のイオン駐車場は3時間無料なのでいつもここを出発点にする。20分で大手門について、城内の桜を見て、北側の城北公園にまわり、枝垂れ桜を見て、西側の男山に約200段の階段を上がって、姫路城を眺めながら、昼飯にする。帰りは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月8日高御位山と円照寺

曇り空で蒸し暑つかった。頭もぼやーとしていたのか、カメラにはSDカード入ってないし、歩き始めに後ろのぽけってに入れたお気に入りの手袋を落としてしまった。誰か拾ってくれて目立つところにおいてくれているかと期待したが、この世知辛い世では無理であった。いつもは南側の長尾から登るのだが、帰りに花の寺の円照寺に寄るので成井の参道から登った。この時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月2日的場山と桜まつり

的場山に岩上神社から登って、から桜祭りの武者行列を見学した。今年のプリンセスたつのの顔を拝みに行った。毎年同じような明るい感じの娘やなあと思う。子供たちの武者の数が毎年減っているのが気になる。見物の高齢者が増えたが。桜は未だつぼみで動物園に少し咲いたのが一本あった。行列の歩く屋敷町の手入れされた庭がどこもきれいなのにはいつも見とれる。植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月26日残り梅の綾部山の世界梅公園

綾部山の羽子池公園では菜の花祭が行われていたが、やきそばでも買おうかとも思ったが、朝が遅かったので、梅公園が今日から無料開放されたので、登って行く。駐車場はタダになったこともあって、かなり混んでいた。残り梅の花はまだかなり咲いていた。昨日まで駐車料と入園料で1000円も払って観梅していた人と比べてお得感がある。ただ尋梅館前のメインの枝垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月12日花の寺、円照寺

加古川の総合文化センターに寄ったついでにアジサイが咲いているというので、円照寺に見にいった。民家のような小さな建物で、境内の中はいろんな花で埋まっていた。あじさいが多かったが種類が多く、見たこともない花も多かった。ただ鉢植えのササユリも一輪咲いていた。高御位山からでももらってきたのだろうか。やはり野に咲くササユリと比べて花の色が褪せて見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月22日国見山と新宮オープンオープンガーデン

新宮町のオープンガーデンが24日までなので、見に行くことにした。ついでにミニモノレールで山崎町の国見山展望台に上がって昼飯にした。40人乗りのミニモノレールには子供2人ずれの家族と3人組のおばちゃんと工事関係者4人と合わせて12人で、18分で標高300m上がり、11時半に着いて、歩いて10分ほどで展望台に着いた。東には明神山が良く見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月10日散歩道の桜

地元の散歩道の桜も、わざわざ遠くまで行かなくとも、今年も変わらず咲いている。毎日のように目にする木である。これから葉をつけ、秋には紅葉になり、冬には葉を落とし、また春が来ると花をつける。身近すぎて、良さがわからない。カメラに収めてまた何年か後に見ることもあるだろうと、出かけて撮って来た。見晴らしの森の植えてから14年目の桜見晴らしの森の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月7日大雨の京都の桜

雨の日はよほどのことがない限り外で行動しないというのが基本にしているが、京都ツアーに申し込んでいたので参加したが、ひどい雨の中の移動で、長靴でも履いていけばよかったが靴の中まで水浸しの歩きになってしまった。桜は満開であったが、雨の中に煙って、カメラもうまく撮れなかった。京都御所の公開を見るのが目的であったので、ツアー参加したが、桜だけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月5日作用の花見(利神城、支文川、上石井)

上石井のカタクリはちょと遅めに咲くので見ごろであった。弦谷は良く知られているが、こちらは保存会のひとだけであった。利神城はほとんど満開であった。頂上したの南の日当たりの良いところで大きな蛇を今年初めてであった。冬眠から覚めたのだろう。山頂に一人だけ先人がいた。支文川の堤はまさに桜は満開で、白い花の並木が続いていた。介護施設からきた老人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月3日的場山からたつの桜まつり

桜祭りの武者行列が昼からあるので、北側の的場山に登ってから見物することにした。山頂に2本の桜が咲いていた。3人組がラーメンを作っていた。こちらは握り飯党なので、わざわざ湯沸かしする時間がもったいないし、山では何があるかわからないので、すぐに食べられるものにしている。下山して、武者行列は12時半からときいていたが、すでに出発してしまってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月2日花見散歩、姫路城、男山

姫路城の観桜会があると知らなかったが、3の丸広場や周辺は大賑わいであった。人の間をかき分けながら桜の花を眺めながら歩くので、ぶつからないように、ふらふらしながら歩いた。北側の城北公園は嘘のように静かで、人もまばらでゆっくりとみんな花見を楽しんでいて、こちらも心地よかった。最後男山に登って休憩した。数人が座っているだけで、天気も良くさわや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月8日三日月と羅漢の里の花見と感状山

光都の下の弦谷によると、一輪草がカタクリに代わって咲いていた。三日月の毎年訪れる支文川は落下盛んであった。三方里山に登り三日月駅を見下ろすと、丁度電車が停車していた。駅の桜も満開で下に菜の花がいっぱい咲いていた。無人駅で線路から西を見ると山に三日月が描かれている。光都のチュウリップも咲き始めていた。羅漢の里の枝垂れ桜はまだ満開で残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月7日(火)的場山と日山のつつじ

昨日も天気悪く、今日も曇り空で、寒く途中で突然みぞれが降って来た。前回登った3月4日の山頂気温は8度であったが、今日は9度であった。急に逆戻りしたような天気であった。雨のあとで家島まで良く見えた。桜はほとんど散ってしまっていたが、一旦降りて前の丘のような山(日山と三角点で知った)にはまだミツ葉つつじが満開で、ドウダンツツジも咲き始めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月5日たつの桜まつり

祭があろうがなかろうが雨は降る。天は気の毒に思ったのか、はたまた子供武者の気迫に押されたのか昼から雨が止んだ。桜の花びらが雨で落ちた道をエイエイオーと勝どきをあげながら勇ましく歩いていた。祭に参加できる子供たちは幸せであろう。武者行列の先頭にはAKB48のようなプリンセスたつのがにこやかに歩いていた。300人もの行列は雨上がりの街を通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月4日姫路城と男山の花見

姫路城の桜が満開になったということで花見に出かけた。イオンタウンの3時間無料駐車場において歩き始める。20分歩いてお城に着いた。登城の待ち時間は10時半で、90分になっていて、長蛇の列で満開の桜の下に並んでいた。登城はまたの機会にした。桜と白い壁の天主閣はどこから見ても絵になる。城内は中国語、韓国語が飛び交い賑わっていた。城北公園の枝垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月27日山桜と咲き残る梅。世界の梅公園

26日から無料開放された世界の梅公園に登った。新舞子荘からの海側の遊歩道にはヤマザクラが咲いていた。尋梅館の枝垂れ梅は散りかけていたが、池に花びらが一面に浮いていた。園内にあちこちまだ咲き残りの梅があり、介護施設の車いすの高齢者が見物に来ていた。海を背景に咲く山桜枝垂れ梅と尋梅館唐梅閣から尋梅館を見る池に浮かぶ梅の花とユキヤナギ唐梅閣前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月11日人の波の吉野山

ほとんど一人だけの田舎の山歩きをしているものが、吉野の花見客におったまげてしまった。集まって来た観光バスは260台で明日は300台が吉野山にひしめくそうだ。駐車するのに大渋滞である。上千本まで人の列が続いて歩くのに苦労した。下千本、中千本は満開で、上千本は7分咲きぐらいであった。山桜ごほとんどなのでソメイヨシノのように光るように明るい白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more