テーマ:山登り

4月29日天下台山

コロナ禍が少し下火になってきたようであるが、学校は5月末まで休校らしいし、行事や仕事も自粛で、出歩くなということで、世間はおかしなことになっている。幸いなことに自分のように年金暮らしで、田舎のポツンと一軒家風の自宅で、畑と山に行くだけで、たまに食糧買い出しに人と接触するだけという生活には、影響はない。ただテレビで野球やサッカーがみられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月24日角ガ仙

中国高速道路はガラガラで、院庄インターで下りて、越畑キャンプ場に2時間程で着いてしまった。駐車場について夫婦の後について登り始めたが、これがミスで自分で確認するべきであった。20分程ロスして引き返し、山頂に80分程で着いたが、最後の登りがきつかった。雲一つない快晴で、泉ヶ仙や雪を被った大山も一望出来た。後から夫婦も登って来たが、1週間ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月11日大成池から亀山、祇園嶽を回る

今日は地元では梅まつりがあり、明日から御津世界の梅公園が開園する。先日開園前に歩いてきたがかなり咲き始めていた。家の前を梅公園を目指す歩こう会の行列が来る前に、出て菖蒲谷こうえんに上がると、道路が崩壊していたところは工事が完了し、大成池まで行けた。尾根沿いの池巡りをして、亀山まで登り、馬立分岐まで引き換えし、祇園嶽まで行き、また馬立分岐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月27日霧雨が降る氷ノ山の紅葉

昨日の夕刊の一面に氷ノ山の紅葉があった。これで今日はさぞかし賑わうだろうと、思って登ったが、山頂は霧雨で避難小屋は満杯で立って昼飯をくうはめになった。団体客でいっぱいであった。昼頃に晴れる予想であったが、1時間程遅れて、から下りの氷ノ山越え峠から山頂を見ると青空が見えた。昨日の雨で道は泥状の所が多く、最悪であったが、後の祭りである。くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月18日黒尾山のジキタリス

未だ梅雨はいらないが、その前の晴れた日に見に行くことにしたのが、昨年は行かなかったジキタリスの花である。まだ見たことがないという80歳になるというY氏と出かけた。ヒル嫌いのY氏(誰も好きなものはいないだろうが)足回りは厳重にスパッツで防護するように準備してくるように伝えてあった。登山口の野々隅原の林道入り口に着くと、高齢夫婦が長い長靴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月25日氷ノ山へすずこ採り

氷ノ山林道が昨年に、戸倉峠手前の入り口から先で通行止めだったが、通行可ということで、ジジイ3人でスズコ採りもかねて、殿下コースから三の丸、氷ノ山を目指した。登山口付近はスズコ採りのおばちゃんたちで賑わっていた。ひとまず山頂を目指し,山頂に着くと、氷ノ山越え方面から学生の白い2百名近い列が登って来ていた。この団体が山頂に着く前に昼飯を済ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月22日駒の尾山のヤマシャクヤクと千種高原クリンソウ

駒の尾山へは、いつもはダルガ峰林道から西の登山口から広い遊歩道を1時間少しで山頂に着く。そのあとクリンソウを千種高原で見て帰る。歩き易いし展望もよいのでいつも利用していたが、ダルガ峰林道が昨年の豪雨で通行止めで、今年は初めて千種高原からのコースを登った。途中にヤマシャクヤクが咲いているということで、初めて見る花で楽しみにして登った。新道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月17日黒沢山(659m)と万福寺

津山インターで下りて、丁度12時に登山口の中山神社に着いた。家を出るのが遅かったので、ガイド本で80分で山頂の万福寺に行けるということで、ここに来たが、読みが甘かったようだ。登山口の中山神社は美作国の一宮で、全国一宮の7社の一つらしい。まずお参りすると出雲大社様式の荘厳な神社であった。神社裏の駐車場に車を置いて歩き始める。すぐ42丁の表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月12日讃岐富士(飯野山)と紫雲出山の桜

瀬戸大橋を走っていると讃岐富士(422m)が目の前に迫って来て、坂出ICを出る。家から2時間で飯野町登山口に以外に早く着いた。駐車場は平日なのに満杯であった。遊歩道を登り始めると同年代の老人たちが杖をついたりしながらぞろぞろ下りてくる。どうやら毎日登山の人達のようである。途中の見晴らしいい展望が開けていて、讃岐平野や瀬戸内海が一望できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月6日氷上町清住のカタクリと千ヶ峰

カタクリが見ごろになったので、見に行くことにしたが、2時間かけて氷上町に行くのはもったいないので、ついでに千が峰にのぼってからにした。市原峠までふるさと村から林道を登る。途中斜面にはミツマタの花が満開になっていた。峠には10台ぐらいもう来ていて、手前の空き地に停車して登った。途中の尾根には馬酔木の花が満開である。1時間程で山頂に着いたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月27日福寿草の咲く藤原岳

春の花の福寿草の咲く山の藤原岳を目指した。自宅から高速道を走り、八日市ICで下りて、421号に入り306号で西藤原駅近くの大貝戸登山口に約4時間で着く。10時前であったが、駐車場は満車で、やむなく、下の墓地への道路わきに駐車した。平日だが女性や子供ずれの登山客が続々登って行く。8合目までは歩き易い遊歩道のようないい道である。8号から上か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月8日岡山作東町最北の小房山と双子山

今日登る山も初めてのぼる山である。佐用町から大原に出て429号線で作東町の小房地区で登山口の谷本屋の看板前のスペースに駐車した。手前で畑の爺さんが登山口まで案内してくれた。20年前に整備したという山道で落ち葉で埋まった道を登ると、下からの新しい林道に出て少し上まで、つけられていた。左に巻くように登ると、右頂上の標識がある尾根に出てこれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月5日作東町の播美高原の男滝山と黒見山

男滝山の登山口の柿ヶ原ダムに駐車していたら老夫婦がこの先の水田跡の先に駐車できると教えてくれた。この駐車地から林道が左右に分かれるが左に歩き始めると、この林道は上の池っ迄続いていて、引き返す。駐車地から100mぐらいの地点で沢が左から流れ込む地点で、この沢沿いに登る道が登山道であった。これをつめると男滝山{446m}三角点に着いたが展望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月1日吉備高原の大山{342.3m}

岡山県でまだ登っていない山で自宅から比較的近い山を今年は目標にして登ることにした。「岡山県の山」に出ている60山で登っている山は22山であった。大山は吉備高原の山で、展望台から湯郷温泉や北に那岐山や後山が見える。美作ICから湯郷温泉前を抜けて橋を渡り、吉野川沿いに少し行くと廃墟の喫茶店があり、ここに駐車して登山口とする。狭い舗装された林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月26日吉島古墳、的場山、高倉山、田幸山

2月20日に吉島古墳から大寺山城趾、大寺山廃寺に登った。宮内天満神社の重文建物前に駐車し、天神山から古墳に上がり、大寺山からヒトめぐりして戻った。2時間の歩きであった。古墳の側にはもう白い馬酔木の花がさいていて、北の空に夏のような白い雲が流れてきた。吉島古墳馬酔木の花がもう咲いていた。22日的場山の登山口岩上神社前の地蔵さんには菜の花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月16日亀山から祇園嶽へ

岡山の西大寺の裸祭が夜にあった。これが済むと暖かくなる。去年は菖蒲谷公園から池巡りをしてから亀山から祇園嶽を回ったが、今年は中垣内のキャンプ場から伊関神社奥社、亀池、亀山、祇園嶽と回った。4時間半で、昨年より20分ほど多くかかった。コースの長さより体力が落ちたからかもしれない。登山口からすぐに鉄製の橋3本と板橋2本を超えるまでは広い沢沿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月12日三濃山から感状山へ

昨日は梅まつりで雪の中を歩こうかいがあって、家の前をカッパを着た子供連れ家族が歩いていた。寒そうで家に籠っていたが、今日は家の前の雪も消えていたので、予定していた三濃山から感状山縦走をした。思ったより雪は多くなく登山道は5センチぐらいで、山頂はもう溶けていた。山頂まで100分で帰りは155分で昨年より20分程多くかかっていた。今日は誰に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月30日御津山脈を歩く

明日で平成30年も終わる。今年で後期高齢者になったが、風邪もひかず過ごしてきた。心筋梗塞になって、5年がたつが、山登りの登りはめっきり足が動かず、低速歩行になっているが、山登り回数は129回になった。目標は120回であったので、目標達成できた。今月はほとんど御津山脈の整備を兼ねた山行きであったが、2001年から登山道を整備してきたリーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月5日チリモミジの的場山

たつの公園の聚遠停の紅葉は散ってしまっていた。紅葉谷から両見坂までの紅葉はチリモミジが遊歩道を埋めていた。その上を歩いて行くのもいいものだ。京都の紅葉の名所を見に行きたかったが、今年はもう行けそうにない。的場山の登山道はコナラなどの落ち葉で敷き詰められていた。近くの里山も黄色くなっている。昨日急に強い雨が降ったので、落葉が激しくなったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月30日三濃山の紅葉

羅漢の里の入り口にある水車小屋前の広場周辺は紅葉は未だ見ごろであった。紅葉谷に入ると落ち葉を踏みい締めながら歩くことが多くなったが、隠れた小石を踏むため、歩き難い所もあった。ヤマモミジがまだ所々残っていて、そこだけ華やかに赤く染まっていた。いつもより20分程時間がかかったが、今日は疲れていたのか足が前に出なかった。2月に登った時に道に倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月23日雪が舞う袴ガ山

山頂には所々雪が積もっていて、寒くて雪が舞い始めた。今年の秋初めての雪であった。西には那岐山が雲で覆われていて、東には後山の山々が見えた。握り飯をを食べて、風も冷たく寒いのですぐに、南尾根を下った。登りは作業道を矢印にしたがって上がり、その後は急斜面の登山道を登った。尾根に出てから、左に斜面を巻いて、西からの尾根に出て、これを上がって行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月14日宍粟名山別撰5山の十年へで迷歩

迷い道の原因は、地図にない作業道が新しくあちこちに出来ていることだ。登山口の大森神社から上に上がると、広い林道に出た。これが地図上の道だと思い登って行くと40分歩いても取り付き」の表示はなく、行き止まりになり、ピンクテープが下の方へ続いているので、これをたどると崩壊地の上に出て、テープは崩壊地の淵を巻いて、作業道に下りた。その先に舗装道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月10日宍粟の三郡山の紅葉

宍粟50名山の別選5名山の三郡山に初めて登った。紅葉が見ごろだろうと思ったが少し遅かったようで、かなり落葉していた。別選5山の中で一番時間がかかりそうなやまであったが、思ったより早く山頂に着いた。登山口から少し歩いて沢を渡り強烈な登りであったが、左のまき道の表示で登ったが、ほとんど道がなく、尾根に出て、道らしき尾根歩きであった。幻想的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月25日氷ノ山の紅葉

昨年は東側の大段平から登ったが、7月の大雨で横行渓谷からのルートがまだ通行不能だろうと思ったので、8月登ったコースの若桜スキー場のキャンプ場から登った。標高950mの登山口は植えられた紅葉やドウダンツツジがきれいに赤く染まっていた。紅葉は氷ノ山越え峠から始まっていた。すぐブナな森が黄色く染まっていた。尾根沿いの楓も赤くなっていて、ロウソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月18日那岐山の紅葉

2年ぶりの登山だが、CコースからBコースへ下ったが、今年の7月豪雨でBコースは崩壊して通行禁止になっていたので、Cコースの往復になった。今日は登りで5組の下山客に会って、山頂では中高年男性一人だけで会った。紅葉は山頂付近の斜面が少し色ずきはじめていた。展望は相変わらず気持ち良い。10時頃から登り始めたが、下の自衛隊の駐屯地から砲弾の射撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月8日リンドウ咲く千が峰

台風通過後快晴になり、山登り日和なので、家を出るのが遅くなったが、登山口には12時であった。市原峠の駐車場はほぼ満杯であった。1時間程の登山中にほとんど下ってきたようだ。下山してきたら車は2台だけであった。子供連れの家族も多く、山頂では10人ぐらい子供が遊んでいた。その他10組ぐらいの夫婦や男女で賑わっていた。山頂の展望は相変わらずよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月26日紅葉はまだ早かった東山

7月と違って尾根コースを10数年ぶりで登った。汗をかいていたが風が吹いていたので、寒いくらいであった。山頂は雲っていたが展望はよかった。誰もいなかったので静かであった。尾根筋の楓も、山頂近くのブナもまだ紅葉には早く10月中頃がみごろだろうか。今日御嶽山の山頂登山が解禁された。20歳の誕生日に、初めて登った3千m峰で、登山に目覚めた懐かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月29日花の多かった大山

20年ぶりに1300年開山の大山に、記念に登りに行った。前日に小雨降る中、大山寺と大山神社に参拝したが、中国観光客の集団が参道を大挙上がって来た。若者も多く、女性たちも大柄で裕福そうに見えた。以前の光景と大違いで、参道にもこじゃれたカフェなども出来て、橋のたもとには、モンベルの大きな店まで出来ていた。登山口の下山キャンプ場の駐車場には管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月7日わかさ氷ノ山ふれあいの里から氷ノ山

わかさふれあいの里には20年ぶりぐらい前にログハウスに息子や友達と泊まり、氷ノ山に登ったことがあった。格段に道路も良くなり、登山道も遊歩道のように整備され、道標も完備していた。兵庫県側の登山口は48号が若杉峠手前で通行止めになっており、氷ノ山林道も、横行渓谷も通行止めで今年は使えそうにない。これからは鳥取県側から登るしかないようだ。家か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月24日酷暑の中の涼しい登山道

後期高齢者になるとさすが酷暑はこたえるが、まだクーラーなしで気張っている。樹林の中の登山道を目指してあるいているが、今月は、これまで的場山、天下台山、書写山、京見山、近くの綾部山、見晴らしの森、と歩いてきた。 今日は1000m以上の山では少しは涼しいかと、氷ノ山と駒の尾山を目指そうかと思ったが、どちらも林道が通行止めであった。横行渓谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more