4月15日道の駅から石組遺構、鷲崎、的場山など今週の山歩き

コロナウイルスが地球上に出てきて、人間を攻撃している。こいつは当分死滅しないだろうし、インフルエンザのように毎年冬になると攻撃してくるだろう。侵されて抗体を作って耐えるか、予防薬が早く出てきて防ぐかということか。心臓疾患があり、がん治療中のこの身体は、コロナに攻撃されれば危険である。80に近い年齢なので、いつ死んでもおかしくないということだ。生きている間に出来るだけ好きな山歩きをしておくことだ。生活必需品の買い出しで人に接触しなければならないが、それ以外は自宅、畑、山のなかで、くらしているので、まずは安全か。今は人を見ればコロナウイルス感染者とみて近寄らないことだ。家の前にまたイノシシがでだしたが、コロナウイルスが出てきてもうどうでもよくなった。こちらの方がよっぽど怖い。RSCN7998.JPG石組遺構から道の駅御津を見る。RSCN7999.JPG岩見港と姫路方面と高御位山。DSCN8006.JPG綾部山観察公園の海岸から四十四島を見る。RSCN8014.JPG海かもの群れと家島。DSCN8008.JPG人気のない聚遠停。的場山は賑わっていた。DSCN8011.JPG宿祢神社からたつの市街を見る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント