2月7日地蔵峠から馬場後山、御津山脈へ

馬場墓地を起点にして、地蔵峠、馬場後山、雄鷹台山、鳩が峰峠へ下りて戻る。約4時間半かかった。ポイントは地蔵峠からのダイセルの境界沿い登りのシダの藪漕ぎ状態の道と山頂下りの、同じような道である。昨年は登りは苦労したが、今年はかなり整備されていた。下りは逆に藪漕ぎ状態のままであった。今年は特にびっくりしたのはダニの多さであった。馬場後山「相生がわからは野瀬奥山」山頂で昼飯を食べていると、スパッツにぞろぞろダニが上がって来た。足の熱を感知する能力があるのだろうか。沖縄のハブのようなセンサーをもっているのだろうか。今日は今年最低気温で、氷もはっていたが、ダニには効いていないようだった。御津山脈雄鷹台山展望岩ではぽかぽか陽気でゆっくり休んだ。冬はここが一番お気に入りのポイントだ。DSCN7648.JPG馬場墓地の樹齢180年の樫の木。DSCN7630.JPG馬場後山山頂手前から天下台山を見る。DSCN7632.JPG馬場後山山頂。落ち葉のしたからダニがぞろぞろ出て来た。DSCN7638.JPG馬場後山と雄鷹台山の鞍部に見つけたカタツムリのような珍樹。DSCN7641.JPG御津山脈の雄鷹台山展望岩からの室津港。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント