11月17日三濃山のヤマモミジ

この時期紅葉を求めて山歩きするのだが、羅漢の里から沢沿いの遊歩道は山蛭が増えて、寒くならないと歩かなくなった。最低気温が10度を切るようになって、やっと歩けるようになった。ヤマモミジが紅葉しているだろうと歩いてみたが、三濃分かれから上の方で、ため池あたりがきれいであった。先日テレビでお寺の周辺の放映をしていたが、ミステリー仕立てで取り上げていたが、地元では有名なこの山をネットで調べれば、情報はいくらでもあるのに、いかにも謎めいて伝えていた。ヤマ蛭がうようよ出るようになって、登山客が激減したのか、特に三濃分かれから上は道が荒れて石がゴロゴロで倒木が多い。特にため池から上の道は10数本横たわっていた。蛭のでない冬場は登る人も多くなるので、整備してほしいものだ。以前は登山案内のコースタイム以内で歩いていたが、20分も多くかかるようになった。老体には勝てない。案山子祭の案山子がまだ残されていて、介護施設の車で渋滞していた。下りて見ないので、先に進まない。イライラした。今日は一組の夫婦に会っただけであった。それとため池の下に真っ赤なマムシグサの実がニョキニョキ出ていた。
画像
登山道のヤマモミジ
画像
ため池周辺の紅葉
画像
ため池と紅葉
画像
山頂から淡路島を見る
画像
何かの目印かと思ったマムシグサの実

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック